買取社員はフレームのどこを見る?2

買取社員はフレームのどこを見る?2

買取社員はフレームのどこを見る?2

色々なところを念入りに見る査定員がいるが単なる時間稼ぎなのは社内秘だが、
査定員はフレームのシワと凹みは見逃さない、これも査定金額が大きく下がる
要因だからだ、シワと凹みは深刻だ、それは単なる転倒ではなく何かにぶつかった証拠だからだ
相当な荷重がフロントフォークを介してフレームに伝わらなければ、頑丈なフレームにシワは
入らない、転倒してガードレールに突っ込んだか、車に追突したか、色々原因は考えられる
そんなバイクでも持ち主は平気で乗っている場合が多い、多少の歪みは乗っていて解らない
事が多いのです、しかし業者オークションの専門査定員は軽微な歪みも見逃さない、
従って評価点も下がりオークション価格も下がるのでバイク買取査定員はこれだけは
見逃さない、(アルバイト査定員はよく見逃して親方に怒鳴られること多々有り)、
バイクを買うときはフレームの首の部分にしわがあったり凹みが有ったり、もしくは
年式に不相応な塗装がされている場合は要注意です。

ページトップへ