買取専門店はバイクのどこを見る?2

買取専門店はバイクのどこを見る?2

買取専門店はバイクのどこを見る?2

車台番号の次に見るのが走行距離、ここも厄介だ、なにせ走行距離があてにならない
いろいろな理由があるがここでは言及しない、見方としては、メーター内の汚れ、傷
特に距離の数字の部分ここに傷があるか汚れがあるとメーターをいじった疑いが出てくる
その場合は査定員としては値段交渉のネタに出来るのだが話が思わぬ方に展開することもあるので
慎重に説明して理解を求める、走行距離はメーターを見なくてもそれ以外の要素でおおよそは
見当がつく、例えばディスク板の減り方、ステップのゴムの摩耗程度、フロントフォークの
アウターチューブの傷の程度(前方から飛んできた細かい砂等の影響で走行がかさむと傷が多くなる)
などを見ればメーターの走行距離との違いは判別できる、これらをお客さんの機嫌を損ねない範囲で
説明するのだ、中には本当のこと知って激怒する方もいますし商談の雰囲気が台無しになるので、
持ち主のバイク知識の範囲内でさもこの査定員は信頼出来るな程度で話をまとめることが多い、
次回はフレーム編。

ページトップへ