バイク買取相場の情報サイト

人気車種ランキング情報

全国でで人気のバイクをご紹介します。
あなたのバイクも高く売れますよ!

 

No1.  HONDA・CB400 SUPER FOUR/SUPER BOLD'OR

最高査定価格  48.3万円

 

ホンダ CB1300SuperFour は、沸き上がるトルク、加速感をダイレクトに伝えるサウンド&バイブレーションが特徴。
コンパクトで高性能なデジタルアンプを搭載していることにより、ベストチューニングによるクリアーできめ細かなサウンドを演出することができます。
ホンダ CB1300SuperFour が求めたのは、安心に支えられた「余裕の感動」です。Hondaが独自に開発した盗難抑止機構「H・I・S・S (HondaIgnitionSecurity System)」を搭載しています。また、車両の現在位置を検索できる、セコム(株)の位置情報提供サービス、ココセコムにも対応。大切な愛車を盗難から 守るためのシステムが充実しています。そしてブレーキング時の安心感を高めるABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を搭載しています。操る楽しさを 損なわず実現された、高速巡航時の優れた安定性があり、「風とのコラボレーション」を楽しみながらクルージングを堪能できるようになっています。
機能的に配列された伝統の二眼メーターはあえてアナログにこだわった文字盤は鮮やかなブルー(指針はレッド)に輝き、高級感と視認性を高める自発光タイプを採用しています。
カラーはパールフェイドレスホワイト×キャンディアルカディアンレッドがあります。メーカー希望小売価格はCB1300 SUPER FOURが1,050,000円、CB1300 SUPER FOUR<ABS>が1,123,500円となっています。中古の相場価格は52万円〜99万円となっています。

 

詳しくはこちら
http://www.honda.co.jp/motor-lineup/cb400sf/

 

No2. YAMAHA ドラッグスター400クラシック

最高査定価格 
Dragstar400:46万円
C:44万円

 

ヤマハ ドラッグスター400 は、ローダウン、ロングボディ、綺麗でメカニカルという3つのポイントから生まれたバイク+C13。開発者だけでなく、マシン側にいるライダーの容姿をも描きいれたスケッチ画など多くの解析を経て誕生したのがロー&ロングスタイルです。
“ロー&ロング”ボディには、クラス唯一の空冷Vツインを搭載しています。躍動感ある70度Vツインエンジンの鼓動は優れた操縦安定性と心地良い乗 り心地を調和しています。車体下には高性能モノクロスサスペンションを搭載しており、低速から高速まで安定感あるニュートラルなハンドリンク特性を実現し ています。中低速域に集中させたパワーとフラットなトルク特性が、力強い加速性能と高速時のゆったりとしたクルージングを実現しています。全身カスタマイ ズへ進化できる可能性をみなぎらせました。ストリートファッションから個性的カスタム感覚にまで多くの可能性に満ち溢れている点が魅力です。
メーカー希望小売価格は、695,100円となっています。それに対して中古の相場価格は、35万〜65万となっています。カラーバリエーションは ビビットオレンジメタリック2(オレンジ)、ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)、ヤマハブラック(ブラック)の3種類があります。

 

詳しくはこちら
http://www.yamaha-motor.jp/mc/lineup/sportsbike/dsc4/index.html

 

No3.  SUZUKI GSX1300R隼(スズキ GSX1300Rハヤブサ)

最高査定価格 113.4万円

 

最速・最強スペックと扱い安さを両立したスズキのフラッグシップ的存在・スポーツバイクの王者といえば「ハヤブサ」。その速さはギネスが認定したほどです。 公道では走行制限がありますが、その圧倒的なパワーと加速には 貫禄があります。

スズキ GSX1300Rハヤブサは、輸出市場向けの4ストローク並列4気筒1300ccのオートバイです。1998年9月ドイツで開かれたドイツ インターモトショー98で発表され、鳥類の隼が食物連鎖の頂点として君臨するように、GSX1300Rも公道用車両の頂点として君臨するようにという意味 を込めて名付けられています。
最大の特徴として挙げられたのが、ただのハイスピードツアラーマシンではなく、当時量産市販車では最速であるCBR1100XXの持つ最高速度 300km/hを超える性能をノーマル状態で可能にした事にあります。デザインも究極を目指し、「全ての人に好かれようとは思わない」とデザイナーが語る ほど、個性溢れるカウリングデザインは、空力特性を徹底的に追及した結果から生み出されたものです。
ヘッドライトは、ラムエアダクトの吸入面積を確保するため縦2灯に配置され、ビルドインされたフロントウインカーとともに、シャープなロングノーズ を構成されています。ステップには防震ラバーを備え、シングルシートカバーと付け替え可能なタンデムシートは、内部に約4リットルの小物入れを設けるな ど、日常の使い勝手までもが、十分に考慮されています。

カラーバリエーションは、ブルー×シルバー、ブラック×グレー、ガンメタ、ゴールドと様々である。中古の相場価格は103万円〜125万円と高値になっています。

 

詳しくはこちら
http://www1.suzuki.co.jp/motor/

 

 

ページトップへ

 

 

 
[Link]